最高速記録を樹立したスズキ「キザシ」が突如街中に!
新記録を樹立したスズキ「キザシ」の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

8月に米国ユタ州ボンネビル・ソルトフラッツ州立公園で開催された「ボンネビル・スピードウィーク」で、スズキ「キザシ」時速200マイルを超える最高速記録を叩き出したのをご存知の方も多いだろう。

ハンドルを握ったのは、米自動車専門誌『ロード&トラック』のサム三谷氏。彼が操るキザシが、過給器付きガソリン・エンジン搭載クラスで時速約328kmの新記録を樹立したのだ。そんな特別なキザシが、先週末に突如街中に現れ、一般公開された。
特徴的なのは、大型のフロント・スポイラーや月のように丸く輝くホイール、ルーフに添って取り付けられた2本のライン。しかし、これ以外に目を引くような特別な仕様は見られない。確かに車高は若干低く設定され、ステッカーが至る所に貼られているが、この装備で最高速記録を達成したのかと思うと本当に驚きだ。

それは内装を見ても同じで、特筆すべき点はそれほど見られない。とはいえ、安全性を確保するための装備はしっかり整っていて、レース仕様のシングルシートやロールケージと消化器が2つ装備されていた。

しかし、一見すると普通なこのキザシには普通の車にはない、あるものが搭載されていた。それは、リアに装着されたパラシュートだ。この機会にその姿をギャラリーでぜひチェックしてほしい。

Related Gallery:2010 Suzuki Kizashi Bonneville Special


■関連リンク
【ビデオ】スズキ「キザシ」の新コンセプトモデルをNY国際オートショーで発表

『高度な推進システム』って何?スズキがNYオートショーで発表するコンセプトカーは謎だらけ?
【ビデオ】スズキ「キザシ」が、CMで予想外な相手と対決!
【PR】 キザシの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!