【ビデオ】ジェイ・レノがテスラ「ロードスター」の最新バージョンをいち早く試乗!
ジェイ・レノが試乗するテスラ「ロードスター2.5」のビデオは下をクリック


車好きの間で人気となっているEVスポーツカー、テスラ「ロードスター」。先ごろ改良モデル「ロードスター2.5」の発売が発表されたが、オートブログの読者にもおなじみの人気司会者、ジェイ・レノが自身のサイト『Jay Leno's Garage』でこの最新モデルの試乗を行っている。



以前に2速ATだった旧モデルに不具合が生じた経緯があることから、改良モデルではトランスミッションを単速ギアにしている。ボディはフロントやリアのバンパー下にあるディフューザーなどに改良が加えられており、インテリアのデザインもより洗練されたものに仕上がっている。

機能面ではパワートレインの耐熱性能をアップさせたのが特徴で、米環境保護局(EPA)により、1回の充電で394kmの走行が可能となったことが実証されている。

ジェイ・レノのガレージには1909年製のEVカー「ベーカー・エレクトリック」が置かれているが、その100年後に現れたこのロードスター2.5は、まさに未来の車と言っていいだろう。

加速・走行性・ブレーキなど、いずれも彼を大いに満足させる出来栄えになっているようだ。そして何より、彼は「スタイルの良さで注目を集めることのできる初めてのEVカー」と、デザイン性を高く評価している。では、その走りを早速ビデオでチェックしよう!