ホンダが「CR-Z」をベースにした新型コンバーチブルを検討中?

車専門サイト『Road & Track』によると、ホンダはCR-Zのプラットフォームをベースとしたコンバーチブルタイプのスポーツカーを検討しているようだ。

ニュルブルクリングを走るクルマたち:パート1

ノルドシュライフのコーナー数は170以上、その設定は超高速から超低速、さらに高低差が300メートル以上もあるニュルブルクリングはまさに世界一過酷なサーキットでしょう。 その過酷な設定から、当然のごとく世界のハイパフォーマンスカーの開発テストや腕っこきのモータージャーナリストのインプレに使われています。