ベントレーにリコール。格納式ボンネット・マスコットに不良
どんなに高価で素晴らしいクルマでも、ボディやエンジンが鉄で出来ている限り、サビはつきものです。全米交通安全局は2007年から2009年にかけて製造されたベントレーのアーナージ、アズール、そしてブルックランドの3モデルに欠陥があるとしてリコールの対象としました。 

何が欠陥だったのか?それは格納式ボンネット・マスコットがサビてしまった場合、クラッシュ時に格納しなくなるということ。確かにベントレーのフライングBが刺さったら痛そうです。 アメリカでの対象車は596台で(格納式ボンネット・マスコットはオプション)、ベントレーは無償修理を提供します。 修理の開始は9月27日から。 オーナーはベントレーに連絡することをお勧めします。

Related Gallery:Bentley Arnage Final Series