新型ダッジ「バイパー」は、アルファ8Cにそっくり!?
アルファロメオ8Cコンペティツィオーネの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

先週、フィアット/クライスラーの販売店関係者らを集めた内覧会で、最高経営責任者であるセルジオ・マルキオンネ氏は、新型ダッジ「バイパー」披露したらしい。現行モデルのバイパーは7月で生産を終了しているため、新型バイパーの開発には多くの車好きが興味津々のはずだ。

車情報サイト『AutoWeek』によると、来年後半に2012年モデルとして販売開始を予定している新型バイパーは、驚くほどアルファロメオ「8Cコンペティツィオーネ」にそっくりだという。

アルファロメオのシャシーやパフォーマンスも重要ではあるが、何よりもスタイリングはかけがえのない財産であり、それを他のモデルに使ったことが実に残念でならない。もともとは古いマセラティをベースに作られたアルファ8Cだが、外観だけを変更して、これが新型バイパーだと言われても、それはちょっと違うのではないかと思う。

とはいえ、この業界に噂は付き物だ。今回の情報も単なる憶測でしかないことを祈るばかりだ。

Related Gallery:


関連リンク
【速報】アルファロメオ100周年記念モデル「TZ3ストラダーレ」の全貌があきらかに!
ザガートがバイパーをベースにアルファロメオ「TZ3ストラダーレ」を市販化!

【噂】アルファロメオが、ジュネーブモーターショーで新しいコンセプトカーを発表か?
アルファロメオが生誕100周年
ジュリエッタ・スプリントの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!