ビルヌーブとデュランゴがF1チームの買収を検討中?

FIA(国際自動車連盟)は2011年シーズンのF1新規チーム参入を却下したが、ビルヌーブとデュランゴの共同チームはまだ参加を諦めてはいないようだ。元世界チャンピオンのジャック・ビルヌーブはイタリアのGP2チーム、デュランゴと手を組み、来季のF1参戦を目指しているが、ここでその方法を替えることにしたらしい。


F1に新規参入するには、チームを立ち上げるよりも、既存チームを買収した方が遥かに手っ取り早い。ビルヌーブ・デュランゴ組もそう考えたらしく、現在買収に応じるチームを物色しているという。名前が取り沙汰されているのは、資金難が噂されるヒスパニア・レーシングやヴァージン・レーシングなど主に新しいチームだが、古株のスクーデリア・トロ・ロッソの名が浮上しないとも言い切れない。今後の動向に注目したい。

[Source: ESPN | Image: Jason Smith/Getty]