日本のチューナーが、ベントレー「フライングスパー」を華麗にアレンジ!
ヴァルド・インターナショナル製ブラックバイソン仕様のベントレー「フライングスパー」の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

新型「コンチネンタルGT」の発表を来年に控えたベントレー。同社がコンチネンタルシリーズの「GTC」や「フライングスパー」にテコ入れをするのも時間の問題だろう。

自慢の1台が型落ちするはやり切れないかもしれないが、「新型フライングスパーの発表まで待てない」という人のためにオススメしたい一台がある。

Related Gallery:Ramesh Slideshow


それが日本のチューニングメーカー、ヴァルド・インターナショナルが手がけたブラックバイソン仕様のフライングスパーだ。ちなみに、ブラックバイソンとは同社がシリーズ化しているチューンアップモデルのこと。

チューンはエクステリアに重点を置いたものになっており、新しいフロントバンパーを組み入れたエアロキット(大型ベントとLEDライトも含む)をはじめ、サイドスカート、ディフューザーを模したリアバンパー、そしてトランクとサイドウィンドウに小さなスポイラーが装着されている。また、4本のエキゾーストパイプやカーボンファイバーを使用したトリム、そしてオリジナルホイールが装備されている。

次世代のコンチネンタル・フライングスパーが発表される前に、ギャラリーでヴァルドが手がけた同車をじっくりとその目で観察していただきたい。情報提供者に感謝!