F1、ローマ開催に向けた契約が成立!

2011年のF1は史上最多の20戦が行われる予定だが、今後もさらにレースが増えることが分かった。というのも、イタリアの首都ローマでF1を開催するという契約(5年)が、先週末にイタリアGPの会場でもあったモンツァで新たに結ばれたからだ。

ローマでのグランプリは市街地レースとなるため、モナコのように町の景色を楽しみながら観戦することができる。コロッセオをバックに走るF1の姿は格別美しい光景になるに違いない。開催は、早ければ2012年のシーズン序盤に実現するという。


また、ローマが新たに加わっても、長い歴史を持つモンツァでのグランプリは続行されるとのこと。ちなみにイタリア国内で1シーズンに2度のF1が開催されたのは、悲劇のサーキットとして知られるイモラでサンマリノGPが開催された2006年以来となる。

これ以外にも2012年にはアメリカGPが復活し、テキサス州オースティンでの開催が決定している。一方、現時点で2012年以降の契約を更新していないのは、中国、日本、トルコの3カ国。このままだと2012年には姿を消すことになるかもしれない。