960回目で運転免許取得した女性に、ヒュンダイが新車をプレゼント!
世界には信じられない人がいるものです。 アメリカに住む韓国人女性は運転免許試験に960回も挑戦しました。 69歳のこの女性は実技でなく、筆記試験をどうしてもパスできなかったとのこと。 

彼女がテストを受け始めたのは2005年4月。 それからというもの40問の試験(試験時間50分)を週に5日受け、落ち続けたそう。 最後のほうにはさすがに疲れたのか週2日とペースダウンしたそうですが、960回目で筆記試験に合格しました。 

地元テレビ局がニュースを報道し、それを聞きつけたヒュンダイはウェブサイトにて人々からの祝いの言葉を募集すると同時に、この女性に新車のキア・ソウルを進呈しました。 試験には受かりましたが、運転させるのはちょっと怖い気もしますね。

Related Gallery:Review: 2010 Kia Soul



[Source: The New York Times]




新車購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!