【ビデオ】世界最速の重機がドラッグレースで撃走!
世界最速のバックホーの映像は下をクリック

「バックホー」という乗り物をご存知だろうか。「バックホー」は建設現場で活躍する切削用の重機のこと。

重機と言うぐらいだから重量級の車体を持つため、動きもスローで、スピードを競うドラッグレースとは接点がないのはずだ。だが、そんな常識を覆したのがアメリカの重機メーカー「JCB」が開発した「JCB GT」だ。最大出力1318psのV8エンジンを搭載したこのバックホーは、驚きのスピードでレーンを駆け抜けている。その様子は圧巻のひと言に尽きる。これまでにもウィリー走行をするローダーや、ドリフト走行をするセミトレーラー・トラックなどを紹介したが、これほど早い重機は見たことがない。

[Source: Streetfire via CarDomain]


実は、JCBはスピードレース界ではちょっと知られた存在らしい。2006年には『ボンネビル・スピードウィーク』において、自社のディーゼル車「Dieselmax」で時速約563kmという記録を打ち立てた実績があり、ジャガーを買収する意向を示していたこともあるという。

一度、「Dieselmax」と「JCB GT」を実際に運転して比較してみたいものだ。とはいえ、見た目からいってもバックホーを運転する方が断然怖いに違いない。ぜひ、重機が猛スピードで走る映像を見てもらいたい。