【スパイショット】ニュルブルクリンクで、アストンマーティン「One-77」を再びキャッチ
"Dirty Shirley"と書かれたアストンマーティン「One-77」の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

上の写真を見て「どこかで見たことがある」と思った人もいるだろう。以前紹介したアストンマーティン「One-77」なのでそれも当然だ。今回我々は再びニュルブルクリンクにて「One-77」のテスト車をキャッチしたのだ。

「One-77」は相変わらず美しくパワフルで、他に類を見ない魅力を放っているが、よく見ると今回のテスト車のボディには誰かの名前が書かれている。




Related Gallery:


「Dirty Shirley(イカしたシャーリー)」とは一体誰のことなのだろう? 真相は分からないが、アストンマーティンの限定車で傑作とも言える「One-77」の別名となっているのだから、本人はさぞや光栄に思っていることだろう。もしかすると、アストンマーティンが親しみをこめて「One-77」につけたニックネームかもしれない。そうだとすればこんなに似合う名前はない。

喉から手が出るほどこの車が欲しい方のために、もう一度情報をお伝えしよう。「One-77」は限定77台、7.3リッターV12エンジンを搭載し、最高出力は700ps以上を誇る。トップスピードは時速320キロを超え、値段は約1億5000万円。何から何まで本当に「イカした」車だ。



[Source: CarPix]




新車購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!