アストンマーチンがトヨタ・iQベースのシグネットを北米市場に投入?!

アストンマーチン・シグネットとは一体どういうクルマなのでしょうか? トヨタ・iQをベースにアストンマーチンが外装を変更し、内装を豪華にし、値段を釣り上げただけに見えます。 このようなコンパクトカーは小さなクルマが便利で人気なヨーロッパならまだしも、広大な土地をただひたすら真っすぐ走るアメリカでは人気が出る気がしません。 実際スマート・フォーツーはアメリカ市場では失敗していると言ってよいでしょう(それはあまり良くない燃費と悪い操作性が原因かもしれませんが)。

トヨタは2011年にiQをサイオンブランドから北米市場へと投入しますが、その翌年には同じエンジンを積んだシグネットも北米に上陸するだろうとオートモーティブ・ニュース紙が報じています。 また2013年には完全電動バージョンも北米デビューするかもしれないとのこと。

どちらにしろヨーロッパからアメリカ市場へと新車種が投入されるのはエキサイティングなことです。 アストンマーチンからの正式発表を待ちたいと思います。 

Related Gallery:Aston Martin Cygnet