【リポート】スパイカーカーズのCEOが「サーブ9-2」の開発費用を工面するため、BMWと接触か?!
Eduard GrayがデザインしたSaab 92010 Sixten concepの高解像度ギャラリーは下をクリック

サーブは現在、WRC(世界ラリー選手権)に参戦する意向をはっきり示しているが、まずは同選手権に投入するための新型車「9-2」を完成させなければ話にならない。

自動車情報サイト『Automotive News』は、サーブ9-2の開発を急ぎたいなら、他の自動車メーカーから技術と資金援助を受ける必要があると報じている。

Related Gallery:


また最近では、「9-2」がBMWのミニのプラットフォームをベースにするという話題や、新型「9-3」にはミニのエンジンを搭載されるという噂が流れている。

そして、ここにきてサーブを買収したスパイカーカーズ社のCEO、ビクター・ミューラー氏が、9-2の開発援助を調達すべく、3社の自動車メーカーと話し合いをしているという情報が入ってきた。どうやらサーブ再建計画には、9-2の開発費用は盛り込まれていなかったらしい。

サーブ側は援助を要請した会社を明かしていないが、我々はその中にBMWが入っていると見ている。今後の動きに大いに注目したい。