【噂】ロータス「エスプリ」、レクサスLFAの V10エンジンで復活か?

これはあくまでも"噂"だが、自動車情報サイト『Inside Line』から胸が躍るようなニュースが飛び込んできた。

ロータスが今年のパリモーターショーで、生産が終了して久しい「エスプリ」の復活計画を発表するというのだ。しかも、この最高級のスーパーカーにはレクサスLFAの現行モデルと同じV10エンジンが搭載されるらしい。レクサス関係者が「ロータスはフェラーリのような競合車種に対抗するために、最高出力560psのV10エンジンをエスプリに搭載する」とほのめかしたという。


下位グレードにはレクサスIS-Fの5.0リッターV8が採用されるという。出力は422psだが、こちらのエンジンも決して悪くはない。どちらにしても、これまで協力し合ってきたロータスとトヨタとの関係があればこその選択だと言えよう。

ロータスは昨秋に元フェラーリの副社長であったダニー・バハー氏を新CEOに迎えており、新CEOの下でのエスプリ復活となるようだ。噂がどこまで本当かは分からないが、この超スーパーカーが10月上旬のパリモーターショーでお披露目されるのを楽しみに待っていよう。

関連リンク
【噂】LFA「TOKYOエディション」、 CT200hクーペ、スープラ後継 トヨタがクーペに力?

【ビデオ】レクサス「LFA」が誕生するまでの貴重な記録映像を紹介!
レクサスLFAロードスターの登場は2014年!!!
【PR】「レクサス」の中古車価格ってどれぐらい? 検索結果を見てみよう!