アップルマニアも垂涎!? ブラバス社の「iBusiness」ラグジュアリーセダン
ブラバスiBusinessの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

ブラバス社といえば、メルセデス・ベンツのハイパワーチューニングで有名だが、同社が今回で手がけたのは、メルセデス・ベンツSクラスに、iPadを標準装備した、ブラバス「iBusiness」。しかし、この最新モデルで注目すべきなのは、その圧倒的なパフォーマンスだけではなく、アップルマニアたちまでもが息を呑むほどの後部座席だ。

ブラバスがボンネットの下に押し込んだのは、6.3リッターV12ツインターボエンジン。トルクは、137.6kgmまで引き上げられ、最大出力760psをはじき出す。0-100km加速は、4秒しかかからず、アクセルペダルを限界まで踏み込めば、340km/hまで出すことが可能だ。さらにブラバスは有り余るエンジンパワーを無駄にしないようオリジナルのデファレンシャルギヤ(LSD)をあつらえた。

Related Gallery:Ferrari FF Coupe Patent Drawings


しかし、この車の最も際立った特徴はなんといってもインテリアだ。特に後部座席に注目してほしい。柔らかいレザーのシートとアルカンタラで覆われたトリム、座席にはアップル社のiPadが装備されている。この他にも、マルチメディアスクリーンや64GBのiPod Touchが備え付けられ、天井には15.2インチのMacディスプレイが設置されている。iPadでラジオやナビ、電話を含むコマンドシステムまでコントロールが可能だ。車内のアップル製品はすべて、トランク内に安全に配置された超小型のMac Miniで管理されている。 まるで移動するオフィスではないか。

興味がある方は、下のブラバス社のプレスリリース(英語)の詳細を読んでほしい。ギャラリーにiBusinessの写真を用意したので、新しいスタイルのオフィスを自分の目で確かめてみよう。