「フィアット 500」にマニュアル・トランスミッション仕様が登場!
フィアット 500の高解像度ギャラリー(ただし欧州仕様)は上の画像をクリック

人気のイタリアン・ミニ「フィアット500」にマニュアル・トランスミッション仕様が追加された。今まで日本市場では「デュアロジック」という2ペダルのセミAT(ロボタイズMTともいう)仕様しか販売されておらず、3ペダルのMTで乗りたければ、並行輸入されたクルマか、もしくは高価な「アバルト500」を買うしかなかった。
エンジンは従来からライン・アップされている1.2リッターの直列4気筒SOHC 8バルブ版が組み合わせられる。

Related Gallery:

フィアット 500には1.2リッターと1.4リッターの2種類のエンジンと、「POP」「SPORT」「LOUNGE」の3種類のトリム・グレードが用意されているが、今回発売されたMT仕様車は1.2リッターとSPORTの組み合わせ。ルーフ・スポイラーや専用デザインの15インチ・アルミホイールを装備し、内装も黒とグレーの "スポーティ" なものになる。
エンジンや足回りに関しては、実は他の仕様とまったく違いはない。"スポーツ" の名に恥じない性能を身に付けたければ、それは買った後での "お楽しみ" となる。豊富なチューニング・パーツが各社から発売されているので、その辺りはオーナーの好み(と予算)に合わせて自由に出来そうだ。ただし、あまりエスカレートすると最初からアバルトを買った方が安かった、ということにもなり兼ねない。

このフィアット 500 1.2 SPORT、右ハンドルのみ(そしてMTのみ)の設定で価格は208万円となっている。アバルト 500より91万円も安い。

詳しい情報は公式サイトのニュース・リリースのページをご覧いただきたい。