【噂】メルセデスがBクラスをベースにCLCの新モデルを投入か?!
メルセデス・ベンツ CLS シューティングブレイクコンセプトの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

メルセデス・ベンツはCLCシリーズの予想以上の不人気で苦戦を続けている。しかも、BMWがCLCのライバル車「318ti」に見切りをつけたというのに、同社はさらにこのコンパクトクーペの新モデルを投入するらしい。

Related Gallery:NTT DoCoMo Intelligent Glass Demo at CEATEC 2013


Related Gallery:Elliptic Labs ultrasound touchless gesturing demo at CEATEC 2013





新たに登場するCLC「シューティングブレイク」は、BクラスをベースにCLS シューティングブレイクコンセプトのアイデアを盛り込んだもので、Cクラスのステーションワゴンに分類されるという。イメージは従来よりもルーフラインがしなやかになっており、上品になったと言えるだろう。

新モデルで巻き返しを図るメルセデスだが、現行のCLC同様に3ドアでいくのか、一般のステーションワゴンらしく5ドアでいくのかはまだ協議中であるという。 エンジンは4気筒のターボチャージャーが採用されるらしく、出力109psの1.2リッターエンジンのほか、4WDシステムの「4Matic」を備えたCLC 22 AMGエンジンなど幅広いオプションが検討されているようだ。

今のところ、CLCシューティングブレイクは2013年9月ごろに米国に上陸すると見られている。新型の登場でCLCの状況を変えることができるのか、大いに期待したい。


[Sources: Autobild]