新型F150 SVT ラプターは6.2L V8エンジンがスタンダード

来年からパワートレインが一新されるフォード F-150シリーズ。 どのモデルにどんなエンジンが積まれるのか非常に気になる所です。 フォードの発表によると、6.2リッター V8エンジンはSTVラプターとハーレーダビッドソン、そしてF-150プラチナムの3モデルに搭載されるそうです。 ラプターとハーレーは同エンジンがスタンダードで搭載され、プラチナムではマキシマム・トーイング・マッケージを選んだカスタマーに与えられるオプション扱いになるんだとか。 2011年モデルのラプターの価格は、2010年モデルのラプターでオプション扱いだった6.2リッター V8エンジンを選んだ場合(約26万円増)と同じくらいになると見られています。

Related Gallery:2011 Ford F-150 engines