【東京コンクール・デレガンス2010】「アルファ ロメオ」100周年記念腕時計、「ショパール」から発売!
2010年はイタリアの自動車メーカー「アルファ ロメオ」の創立100周年。同時にスイスの高級時計ブランド「ショパール」は創立150周年になるという。これを記念して両社がコラボレート。限定モデルの腕時計が発売された。「東京コンクール・デレガンス2010」のアルファ ロメオ・ブースに展示されていたのでご紹介しよう。

ベースとなっているのはショパールの「ミッレ・ミリア」シリーズにライン・アップされている「GT XL クロノ」と「グラン・ツーリスモ XL」。同社が1988年から公式スポンサーを務めるクラシック・カーのレース・イベント「ミッレ・ミリア」に因んで発売された、モーター・スポーツをイメージしたスポーツ・ウォッチである。
今回の記念モデルでは専用にデザインされた文字盤が与えられ、「Alfa Romeo」のロゴが入っている。

「GT XL クロノ アルファ ロメオ」は3イン・ダイヤルのクロノグラフで、「グラン・ツーリスモ XL アルファ ロメオ」はベーシックな3針モデル。どちらもスイス・クロノメーター検定協会(C.O.S.C.)の認定を受けた自動巻の機械式時計だ。毎時2万8800振動で時を刻み、ゼンマイが完全に巻き上げられた状態なら放置しても46時間動き続ける。44mmと大振りなケースはステンレス製で10気圧防水。ラバー・ベルトはタイヤをモチーフにしており、トレッド・パターンを模した溝が刻まれている。

スポーツカーが好きな人には機械式腕時計のマニアも多いようで、ベントレーはブライトリングと、フェラーリはパネライと、AMGはIWCと、それぞれ組んでコラボレーション・ウォッチを販売している。アルファ ロメオの名前が入った腕時計もこれまでジャン・リシャールなどから発売されていたが、今回のショパール製腕時計は、愛好家を納得させるだけのデザインとスペックを備え、また100周年という名目からも、手に入れたくなるアルフィスタは多そうだ。

気になる価格は「GT XL クロノ アルファ ロメオ」が67万7,250円(税込)。「グラン・ツーリスモ XL アルファ ロメオ」が55万6,500円(税込)。中古なら実車のアルファ ロメオが十分買えそうな値段だが、腕時計なら税金も燃料代もかからないし、置き場所もそれほど困らない(オーバー・ホールは必要になるが)。
どちらも500個ずつの限定なので、興味のある方はお早めに。

Related Gallery:Ten of the best: celebrity beaches