ハーレー・ダビッドソンがサイドカービジネスから撤退

ハーレーにサイドカーというイメージは薄いかもしれませんが、実はその歴史は1914年にまで遡ります。 しかし、その歴史も来年で終焉を迎えることになりそうです。 ハーレーはサイドカーのオプションを2011年で打ち切ると発表しました。 すでに購入済みのオーナーに対しては引き続きディーラーにて修理やパーツの販売をしていくとのこと。 ハーレー撤退後も、ユーラルロイヤルエンフィールドというメーカーからサイドーを購入することが可能です。