インディカー用エアロパーツのデザインをウェブ上で一般公募!
2012年度インディカーの新シャシーの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

Indy Racing League(IRL)が2012年のシーズンに向けた新シャシーを発表し、今年から新たにシャシーを彩るエアロパーツのデザインを各チームにゆだねるオプションを用意した。

つまり、来シーズンから参入する新チームはエアロパーツさえ自前でデザインすればマシン全体を1から開発しなくても済むため、インディカーレースに新規参入しやすくなるというわけだ。


今のところ、ボーイングやホンダ、ロータスといったメーカーが参入を検討しているが、2012年のシーズン開始までには、さらに多くのメーカーが名乗りを上げるに違いない。

さらにIRLは、新シャシーの画像を公開した上で、一般からのデザインをサイトに掲載すると発表した。世界中の人が見るウェブサイト上に作品が載れば、無名のグラフィックデザイナーにとっては大きなチャンスとなるだろう。

基本シャシーを作ったのは以前から開発に携わっているダラーラで、同社は新しい生産工場をインディアナポリス・モーター・スピードウェイの横にオープンさせる予定だという。各チームは自社開発コストに比べれば格安の値段でダラーラ製シャシーを購入できるが、条件の一つとして、新しいエンジンとボディワークもダラーラから購入する必要がある。

それでも、総合的にみると費用はこれまでよりも安くなる。IRLは費用を抑えて、参入しやすくすることで、アメリカのオープンホイール車のレースを存続させたいという狙いがあるのだろう。

詳細はインディカーのウェブサイトを見てほしい。我々のギャラリーから画像をダウンロードしてさっそくデザインを考えてみてはどうだろう。

Related Gallery:2012 IndyCar aero kit concepts


関連リンク
【ビデオ】インディカーに新たに加わったボルチモアGPの市街地コースを体験!

【ビデオ】インディカーレースでエリオ・カストロネベスがセキュリティに激怒する映像!
【ビデオ】米で話題の美人レーサーが、インディ500の練習走行中にクラッシュ!
- 自動車保険一括見積もり