【レポート】トヨタが「スープラ」の名を再び商標登録
トヨタのハイブリッドスポーツコンセプト「FT-HS」の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

車の名前には、どれほどの影響力があるのだろうか? おそらく、その答えは車の名前によって変わってくるだろう。例えば、フォードマスタングとプローブは両車ともスポーツカーだが、それぞれの名前から思い描く特徴には大きな隔たりがあるに違いない。それでは、トヨタのファンが最も記憶に留めている名とは何か? それはきっと、「スープラ」だろう。
Related Gallery:Toyota FT-HS Concept


トヨタの代表作として、今も高い人気を誇るスープラだが、その商標登録の期限は2006年に切れたまま、同社はなんと更新手続きを行っていなかったという。しかし幸運なことに、その後スープラの名を商標登録した者はいなかったようだ。車情報サイト『Car and Driver』によれば、トヨタは「スープラ」を再び商標登録し、向こう3年の使用権を無事に得たという。

これと同時に、トヨタの代表取締役社長である豊田章男氏が「近い将来、次期スープラがテスト走行する姿を見たい」と語ったという情報も入ってきている。ということは、今度こそスープラの復活を期待してもよいということか? 我々が待ち焦がれているFT-86にスープラの名が付く可能性は少ないと思われるが、期待は高まるばかりだ。これからもトヨタのスーパーカーに関する情報を注意深く追っていくつもりなので、お見逃しなく!

[Source: Car and Driver]



新車購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!