【レポート&ビデオ】レーシングチームのオーナーが2度目の飛行機事故で大けが
ジャック・ラウシュの事故のニュースのビデオは下をクリック

NASCARレーシングチームの監督ジャック・ラウシュが2度目の飛行機事故を起こした。

報道によると、ラウシュの会社が所有する小型ジェットで、ウィスコンシン州オシュコシュにある空港に着陸しようとした際に、何らかの異常があったようだ。 ラウシュの操縦するジェット機は、かなりの低空飛行で着陸態勢に入っていたといい、着陸直前に機の態勢を立て直そうとしたが、先端が下がり地面と接触。その衝撃で、機体が回転し尾部が折れた。搭乗していたのはラウシュと女性従業員の2人で、大けがを負ったものの、幸い自力で脱出している。



事故当初、68歳になるラウシュが地元の病院に搬送された際には、かなり危険な状態と報道されていたが、現在は安定しているようだ。

ラウシュが起こした飛行機事故としては、ここ10年で今回が2度目。彼は2002年にもアラバマ州で小型飛行機を池に不時着させている。動画をクリックしてESPNの事故のニュース(音声は英語)を見てみよう。情報提供者に感謝!

- 自動車保険一括見積もり

関連リンク
【ビデオ】ル・マン24時間レースでアウディ車が大クラッシュ Part1

【ビデオ】レースカーが観客席に突っ込み大クラッシュ!

【レポート&ビデオ】レーシングチームのオーナーが2度目の飛行機事故で大けが