【レポート】来年登場予定の新型「ゴルフ ワゴン」は足元が広くならない?!
2010年型フォルクスワーゲン「ジェッタスポーツワゴン」の高解像度ギャラリーは下をクリック

新型VW「ジェッタ」に魅力を感じないという人にオススメしたい車がある。VWを初めて購入する人向きのお手軽な価格の「ジェッタスポーツワゴン」(日本名ゴルフヴァリアント)だ。

この「ジェッタスポーツワゴン」は来年マイナーチェンジモデルが発売予定といわれているが、現行モデルよりも高級感がアップし、リア・サスペンションはより洗練された仕上がりになるという。また、ハッチバック自体の使い勝手もよくなるようだ。

Related Gallery:


また、車情報サイト『Car Connection』によると、コスト削減の理由から、この新型モデルには、新型「ジェッタ」のセダンに採用される新型プラットフォームは使用されず、引き続き5代目「ゴルフ」のプラットフォームをベースにドイツで生産される見通しだという。また、現行モデルの最高出力約172psの5気筒ガソリンエンジンと約142psの4気筒ターボディーゼルTDIエンジンも同じく新型車に搭載されるそうだ。

マイナーチェンジに関しては不満が残る点もある。新型「ジェッタ」のプラットフォームを取り入れないということは、後部座席の足元が狭いという現行モデルの問題点は解消されないと思っていいだろう。しかし、同社の他のラインアップとの統一性を考えると、スタイリングのアップグレードは十分期待できそうだ。


新車購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!