北米でBMWリコール。2010年、2011年モデルの5シリーズに不具合。

米道路交通安全局(NHTSA)は、北米にて販売された2010年と2011年モデルのBMW 5シリーズ セダンと5シリーズ グランツーリスモの燃料計センサーに不具合があるとし、2010年1月12日から7月1日までに生産された6,080台をリコールするようBMWに通達しました。 調査によると、場合によって燃料タンク内のセンサーがタンクに張り付き、正しい燃料の量が測れなくなる恐れがあるとのこと。 BMWによる正式発表はまだありませんが、近いうちディーラーにて無料の修理が受けられることになるでしょう。

Related Gallery:Review: 2010 BMW 550i Gran Turismo