Autoblog読者の皆さんは、エンジンオイルを選ぶ際はどのような基準で選ぶのだろうか?
鉱物油や部分合成油、化学合成油100%といったオイルの質?はたまた5W-30、10W-40 などの粘度か、 オイル自体の品質や性能で選ぶのが主な基準なはず。では、缶のデザインなんかは重視するだろうか?

イタリアのAgipが6月末より日本で発売を開始した新オイルは 「ハローキティ5W-30」。 キティの顔が大きくデザインされた缶のなかには、化学合成油というちょっとこだわりの油種が。 粘度は5W-30と、年間を通して使うのに最適な粘度になっている。

サンリオが版権を持つご存知ハローキティは、日本国内のみならず海外でも非常に人気の高いキャラクター。 また、三菱自動車からもハローキティ特別仕様車が発売されたり、 「ハッピードライブ アンバサダー(大使)」に就任したりするなど、 女性ユーザーを確保したい自動車業界とのコラボで大忙し。
今回ご紹介のオイルも内容量が3L缶ということで、おそらくターゲットは軽自動車に乗っている女性といったところか。

エンジンオイルという、どちらかといえば男性色の強い消耗品で見られるそのキャラクター効果は果たしてどうなるのだろうか。
ディーラーでオイル交換をしてもらうのではなく、缶でオイルを買って自ら交換する女性って大勢いるの?という疑問を拭い去ることはできないものの、キュートな走りの後にはディスプレイとして飾ることも出来、楽しみも増えそうだ。


[Source: アジップ公式ウェブサイト ]