【レポート】キミ・ライコネン、来シーズンもF1ではなく、WRCに参戦か!?

毎年、F1ドライバーの契約交渉では市場の鍵を握るドライバーが1人か2人出てくるものだ。今シーズンのレースをようやく半分終えたところだが、早くも来シーズンの注目ドライバーとして、2007年度のF1世界チャンピオン、キミ・ライコネンの名前が挙がっている。


ライコネンは、2010年シーズンの契約交渉がまとまらず、F1から世界ラリー選手権(WRC)に転向している。以来、彼のF1復帰の噂は飛び交い、来シーズンはレッドブル・レーシングルノー、もしくはメルセデスGPから参戦するのではとも伝えられていた。

しかし、関係者からの最新情報によれば、ライコネンは少なくともあと1年はWRCに参戦するようだ。ライコネンがWRC継続となれば、来シーズンのF1シート獲得を目指すドライバーは強力なライバルが消え、胸をなでおろしているに違いない。

将来的にライコネンがF1に復帰するかは未定だが、所属するWRCのシトロエン・ジュニアチームのスポンサーを務めるのがレッドブルということもあり、今後はレッドブル・レーシングでのF1復帰の可能性も十分ある。ただし、来シーズンのシートは、セバスチャン・ベッテルとマーク・ウェバーの継続が決定しているため、実現するのは早くても2012年となるだろう。

■関連リンク
【噂】キミ・ライコネンがNASCARに転向?

ルノーとライコネンの交渉が白紙に
ホントに大丈夫!? F1アメリカGP開催サーキットの建設工事が、FIAとの契約問題で中断中
【PR】 ロータスの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!