ホンダ、2012年までにハイブリッド車を続々投入!
ホンダの伊東孝伸社長は20日、記者会見でホンダの「次の10年の方向性」について語った。「環境技術の進化」「生産体制の強化」「新興国事業の強化」という3つの領域で取り組む具体的な内容を発表するとともに、いくつかのニューモデルの計画についても触れていたのでご紹介しよう。

まず、「インサイト」や「CR-Z」が採用するホンダのハイブリッド・システム「IMA」を搭載した「フィット ハイブリッド」を、今年秋に日本で発売すると明言。さらに続けて今後1年以内に、IMAを使った小型ハイブリッド車を複数投入するという。
また、現行のIMAはニッケル水素バッテリーを使用するが、次期「シビック ハイブリッド」にはより高性能なリチウムイオン・バッテリーを採用する予定で、これはGSユアサとの合弁会社「ブルーエナジー」より供給されるとのこと。

中型以上のモデルでは、家庭用電源から充電可能なプラグイン・ハイブリッド車を開発中であり、これは2012年に日米で発売予定。さらに近距離向けのモビリティとして、電気のみで走るバッテリーEVを実用化し、これも同じく2012年に日米で発売される予定だそうだ。


プラグイン・ハイブリッド車(PHV)とは、近距離は家庭用コンセントから充電した電気を使ってモーターのみで走行し、蓄えていた電気を使い切った後はエンジンが始動して、発電しながらエンジンまたはモーターで走るというもの。従来のハイブリッド・カーが、主にエンジンの力で走行し状況に応じてモーターが補助するものであるのに対して、PHVは基本的に電気モーターで走り、長い航続距離が必要なときにだけエンジンに頼る。どちらがより "エコ" であるかは明白だ。

PHVに関しては、先行するトヨタが「プリウスPHV」で2009年12月に(リースという形だが)市場導入を果たしており、これに対し、バッテリーとモーターだけで走行することが出来ないホンダのIMAシステムでは、PHVに発展させることは不可能だった。ホンダとしては、より大きなクラスのモデルでPHVを実現することで、巻き返しを図りたいところだ。

また、日産が今年末に発売予定の「リーフ」のような "純粋な" 電気自動車(EV)については、現状では「航続距離や充電時間などに課題がある」が、「新しい市場を創造する可能性を持っている」とし、ホンダからはまず短距離向けのコミューターとして商品化されるようである。昨年の東京モーターショーに出展されていた「EV-N」「EV-Cub」は、そのヒントになるだろう。

なお、ガソリン・エンジンについては「2012年から順次、エンジンとトランスミッションのラインアップを刷新し、一層の燃費の向上をはかります」と述べるに留まった。かつて "エンジンのホンダ" と呼ばれたことを思えば寂しい限りである。

詳しい発表内容については、以下のプレスリリースのページをご覧いただきたい。

ホンダ 広報発表「2010年7月 社長会見 骨子」