ディテクティブ・パッケージ(刑事仕様)カプリスPPVの全容が明らかに!
アメリカのパトカーといえば、昔はシボレー・カプリスと決まっていました。 しかし、より新しいフォード・クラウンビクトリアをベースにしたパトカーが主流になったのが90年代のこと。  全米中の警察機関にパトカーベースとなる車両を売ることが出来れば、大きな儲けになるため、各メーカーが開発に熱心なのはもちろん、カーボンモータースのようなパトカー専門メーカーも出て来ています。 よりパワフルなエンジンや頑丈な内装を与えられた新型フォード・トーラスをベースにしたポリス・インターセプターに対し、GMは新型カプリスをベースにしたパトカー、カプリスPPVの画像を公開。 トーラスがV6ツインターボで武装しているのに対し、カプリスはV8 6リッターから355馬力を絞り出します。 


パトカー仕様のカプリスの中でも特に気になるのが"ディテクティブ・パッケージ"(刑事仕様)と名付けれらたモデル。 パワフルなエンジンや便利な装備はそのまま、派手なペイントやルーフのパトライトが付いていないので、まるでステルス機のように相手に気付かれることなく行動するが出来る、まさに刑事仕様の一台。 また噂によるとこのモデルは一般市民も買う事が可能になるんだとか。 色は全7色だそうですが、黒が一番ハマることは間違いないでしょう。 

パトカー仕様のカプリスの詳しい情報は、下の画像をクリックしてください。 
Related Gallery:2011 Chevrolet Caprice Technical Manual

Related Gallery:2011 Chevrolet Caprice Police Car