レクサス LFA、メガウェブにて展示中!
レクサス LFAの高解像度ギャラリーは上の画像をクリック

東京・お台場にあるクルマのテーマパーク「メガウェブ」では、8月31日まで「レクサス LFA」を展示中だ。世界限定500台(日本国内165台)のスーパーカーを間近で見られるチャンスはそれほど多くないはず。そのスタイリングについては賛否両論あるようだが、ご自分の目で確かめたいと思われる方は是非この機会に、日本が生んだスーパー・スポーツの姿をじっくり眺めてみてはいかがだろうか?

レクサス LFAについては、今更説明するまでもないだろう(が、簡単に紹介しよう)。最高出力580ps/最大トルク48.9kgmを発生する4.8リッターV型10気筒エンジンを、カーボン・ファイバーとアルミ合金から成る車体のフロントに搭載し、0-100km/h加速3.7秒以下、最高速度325km/h以上、そして車両価格3,750万円という、今までの日本車にはなかったクラスのスーパーカーだ。
正式発表は2009年の東京モーターショー。今年12月から生産が始まる。すでに購入申し込みは締め切られ、抽選で決定した購入予定者の方々はすでにこのメガウェブで試乗されたという情報もある。未来のオーナーたちに向けてお披露目を終えたLFAが、そのまま残って一般に公開されることになったのだろう。
今回の展示では、LFAは残念ながらパーティションの中に置かれており、自慢のV10エンジンや革とカーボンで囲まれたインテリアは直接見ることが出来ないようだ。時にはドアやボンネットを開けた状態で見せて欲しいところだが、今のところその予定はないとのこと。実に残念。

なお、メガウェブ内の「ヒストリーガレージ」では、同じく8月31日まで「ジャパニーズ ル・マン展」を開催中。ル・マン24時間耐久レースで活躍した日本車の中から「マツダ 787B」(1991年 優勝)、「トヨタ TS020」(1999年 2位)、「日産 R390GT1」(1998年 3位)の3台が展示されている。モーター・スポーツに興味をお持ちなら、こちらもお薦めだ。

どちらの展示も入場料は無料。会場へのアクセスや営業時間については以下の公式サイトをご覧いただきたい。

[link : MEGA WEB(メガウェブ)]


Related Gallery:


Related Gallery: