2011年モデルのBMW M3に「アイドリングスタート/ストップ機能」が標準装備

どうやら、BMWは9月からの生産モデルにいくつかの変更を加えるらしい。

中でも注目すべきは、BMW M3の全ラインアップにアイドリングスタート/ストップ機能が標準装備されること。この機能は、オン/オフのボタンで切り替えることができ、オンにしておけば、信号待ちなどで車が停車するときにエンジンが自動的に停止され、燃費を大幅に向上することができるらしい。


他にも、好みの走行設定を瞬時に呼び出すことができるM Driveボタンがステアリング・ホイールに装備され、手動で調整できるMスポーツ・シートも採用される模様。また、塗装のオプションにミネラル・ホワイト(メタリック・カラー)が加わり、座面に赤をあしらった黒い牛革張りの座席も選択することができるようだ。

さらに、テクノロジー・パッケージに代わり、コンビニエンス・パッケージが用意されるとみられている。詳しい内容はbmwblog.comでチェックしてみよう。