【噂】インフィニティがヨーロッパのハッチバック市場に参入
「インフィニティ・エッセンス」のコンセプトカーの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

レクサスに続き、インフィニティがヨーロッパの高級ハッチバック市場に参入するという情報が飛び込んできた。

レクサスはハイブリッド車「CT200h」のヨーロッパでの発売を予定しているが、ヨーロッパではアウディA3シトロエンDS3などのハッチバックが人気を博している。どうやら日産の目下の課題は、そうしたハッチバック型の競合車種をヨーロッパ市場へ投入することのようだ。

Related Gallery:


イギリスの自動車雑誌『Autocar』によれば、新型のインフィニティは昨年発表された「エッセンス」のコンセプトカーのデザインを踏襲したクーペタイプとなるらしい。昨年秋の東京モーターショーで、CEOのカルロス・ゴーン氏が「ゼロ・エミッション車」を強調していたが、今回のインフィニティもEV車となるらしい。

新型インフィニティのプラットフォームはゼロ・エミッション車「リーフ」と同じになる予定だが、よりパワフルな電動モーターが搭載されると思われる。まだ名前もついていないこのハッチバックに使われるプラットフォームがどのようなものになるのかは不明だが、日産には前輪駆動車(FF車)やパワフルなエンジンを造る基盤が十分にあり、多様な組み合わせが可能だ。

どんなパフォーマンスを見せてくれるか今から楽しみだ。