メルセデス・ベンツの新型車、SLMはプラグインハイブリッド?!

どうやらメルセデス・ベンツとそのチューニング部門のAMGは、ガルウィングドアをもつメルセデス・ベンツ「SLS AMG」の派生モデルに新たな方向性を見出したようだ。

それが現在開発中だと伝えられるミッドシップのSLMだ。実現すれば、アウディR8や来たるBMWのスーパーカー、BMW Vision EfficientDynamics(BMW ヴィジョン・エフィシェント・ダイナミクス)の対抗モデルにもなり得る。


SLMは軽量化に焦点が置かれ、高効率化された小型エンジンを搭載する見込みだ。また、電動モーターの搭載の可能性も濃厚だ。エンジンがリアを回転させ、先日公開された電気自動車SLS E-Cellプロトタイプと同じようにモーターがフロントを回転させる仕組みとなるらしい。このハイブリッド構造が採用されれば、SLMはポルシェ918スパイダーもライバルとなるだろう。

関連リンク
「メルセデス・ベンツ SLS AMG」日本発売、価格は2430万円!
【レポート】ジョブズ氏が愛車にナンバープレートを取り付けていなかった理由とは?
新型メルセデスベンツ AクラスにAMGバージョンが登場?!
【PR】 乗り心地のいいメルセデス・ベンツの中古車検索結果はココで!