【ビデオ】アウディR8 V10がドリフトしまくるCMのメイキング映像
空軍基地で撮影したアウディR8 5.2 FSIのビデオは下の画像をクリック

車好きならクールな車の映像は何でも大歓迎なはず。スーパーボウルの合間に流れるような大掛かりなCMも楽しいし、車載カメラで捉えたオンボード映像の迫力も捨てがたい。金属の塊がハイスピードで蛇行を繰り返す姿をいつまでも眺めていられる。しかし、製作する側は大変な労力がかかっているのを我々は忘れがちだ。

たとえば、WebRidesTVで流れている「アウディR8 5.2 FSI」の映像を撮るのには夜明けから日暮れまでかかったという。ビデオの中でタフなミッドシップを運転するのはアメリカン・ルマン・シリーズのレーサー、ネイサン・スウォーツボーグ。一日中、交替もせずに走る彼を、大型機材を積んだカメラが追いかける。しかしこれも最終的にはたった30秒に編集されてしまうのだ。
Related Gallery:Review: 2010 Audi R8 5.2 FSI V10


さて、このビデオが大変な労作であることは映像を観てもらえば分かるはずだが、「ジムカーナ」的な見所があるのかと聞かれたら答えに詰まってしまう。コース設定があるわけでも、タイムを競うわけでもない。ただスウォーツボーグが超高級車をドリフトさせるのみだ。しかし、このメイキング映像の出来は素晴らしく、5分間の休憩にもってこいだ。こちらのビデオをぜひご覧いただきたい。



関連リンク
これがアウディ新型R8のフロントフェイス?

【ビデオ】アウディR8 V10とホンダ シビックタイプR MUGENが公道で接戦バトル!
ついに公開、アウディ『R8 GT』の詳細。価格は北米で約1,580万円!!!
アウディR8にV8 4.2リッターの新エンジンが登場

【PR】 アウディの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!