重さ500キロの空飛ぶバギーカーが実用化へ! 
I-TEC「マーベリック」の高解像度ギャラリーは下をクリック

昨日、空飛ぶ車の記事を紹介したが、今日も大空を舞う車のニュースをお届けしたい。 我々の下に届いた情報によると、アメリカの非営利団体I-TECが空飛ぶバギーカーを開発しているそうだ。「マーベリック」と名づけられたこのバギーは、重量約500キロでカーボン・ファイバー製のリバース・タイプのプロペラを使用した130psの強力なエンジンとパラシュートのような超軽量の翼を採用することで、宙に浮くことができるという。現在はアメリカ連邦航空局の実験認可を受け、性能テストを行っているらしい。

Related Gallery:i-tec Mavric


I-TECは、アマゾンに住む人々の自立のために様々な技術支援を行っており、この車の開発も熱帯雨林における新たな輸送手段となることを目指しているという。市販化されるかはまだ分からないが、我々としては、これを使って知り合いを驚かせてみたいものだ。