夢の「空飛ぶ自動車」が市販化に! 販売価格は1700万円か?

テラフージア社Transitionの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

空飛ぶ車が市販化に向けて進んでいるらしい。英国のニュースサイト『The Daily Telegraph』によると、FAA(米連邦航空局)は、テラフージア社の空飛ぶ自動車「Transition」にライトスポーツエアクラフトのカテゴリーでの分類を特別に許可したという。

Related Gallery:Terrafugia Transition Flying Car


Transitionは、ライトスポーツエアクラフトの規定重量より約54kg上回る約653kg。アメリカにおいて、このカテゴリーのスポーツパイロットに必要な教習時間は20時間であり、かなりの短時間でライセンスが取得できるのだ。

地上でも空でも快適に移動できる手段の1つとして作られたTransitionには、エアバッグとバンパーが標準装備されており、安全機能は乗用車と変わらない。テラフージア社はTransitionの地上での最高時速は発表していないものの、街中での燃費はリッター13kmとしている。また、翼を広げてリアプロペラを始動させることで、最高時速約185kmで飛ぶこともできるのだから、かなり立派な車と言えるだろう。

この小さな飛行自動車に必要な滑走路は540mほどで、翼をたためばどんなガレージにも楽に収容できる。最終的な市場価格は1700万円前後とみられている。今からお金を貯めて、車一台で世界旅行に行く計画を立ててはどうだろう。