ゴードン・マーレイ氏のシティカー「T.25」が正式発表!
ゴードン・マーレイデザイン社製作「T.25」の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

数年以内に低価格なシティカーを市販化すると公表していた自動車デザイナーのゴードン・マーレイ氏が、イギリスのオックスフォードにある環境問題に特化した専門学校「Smith School of Enterprise and the Environment」において、最新作の「T.25」を披露した。
Related Gallery:Gordon Murray Design T.25


車重わずか約550キロ、全幅1.3メートル、全長2.4メートル弱のこの車は、前に1人、後ろに2人分の座席が設けられ、最大3人が乗車できる。過去にマーレイ氏が手がけたことで有名なマクラーレン「F1」と同じように、ドライバー席は前方中央に配置され、乗員席は後方に2つ配置されたスタイルだ。

「T.25」の後方には、約52psを生み出す直列3気筒エンジンが搭載され、0-100km/hは16.2秒、燃費はリッター約26kmを誇る。

車への乗り降りはボディが上下に開閉することで行うという。小型であるため、最小回転半径はわずか3メートルで、全幅を短くしたことにより、1つの駐車スペースに3台の「T.25」が駐車できるという。注目の発売開始は2012年と見られている。