BMWのハイブリッドコンセプトカー「Vision EfficientDynamics」の高解像度ギャラリーは下をクリック

BMWが自社のハイブリッドコンセプトカー「Vision EfficientDynamics」をベースに、ハイブリッドのスポーツカーを開発中であることは以前から噂されていた

そして今回、この新型ハイブリッドスポーツカーに「M8」の名称が付くかもしれないとの新情報が、ドイツの車情報誌『AUTO ZEITUNG』に掲載された。さらに、雑誌にはスピード性能を上げるため、Vision EfficientDynamicsに採用されているプラグイン方式の電動モーターは採用しないことも伝えられている。
Related Gallery:BMW Vision EfficientDynamics Concept


今回の情報によると、M8と見られる開発中のモデルには、M5のE60系に積まれている5リッターV10エンジンに加えて、プラグイン方式ではない2基の電動モーターが搭載されるという。モーターはフロントとリアに一つずつ装備され、Vision EfficientDynamicsとよく似たレイアウトになる模様だ。

モーターの出力は2つ合わせて152psとなり、V10のパワーが加わることで、最高出力600psを生み出すモデルになるようだ。

また、「M8」と噂されているこのモデルは、現行のVision EfficientDynamicsよりもボディが約13cm長くなり、4シータ―のスポーツカーになると言われている。噂どおりにプロジェクトが進行すれば、BMWの新型ハイブリッドスポーツカーは2012年中に発表されることになるだろう。