1993年型トヨタ「セリカ」ターボの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」が、英国ウエスト・サセックス州で7月2日より開幕する。この世界的なモータースポーツの祭典に、トヨタは同社が誇る新旧の名車を展示することを発表した。

そのハイライトとなるのは、80年代と90年代の世界ラリー選手権で活躍したチャンピオンカーだ。サファリやバンダマなどの各ラリーを数え切れないほど制したグループBのセリカ」ツインカムTA64をはじめ、90年代初頭に初のマニュファクチャラーズ・チャンピオンをトヨタにもたらしたグループAの「セリカ」ST185、そして同じく90年代末に合計25回の表彰台を飾った「カローラ」WRCなど、往年の名車が勢ぞろいする。

また、最新のスーパースポーツカー「レクサス」LFA、スーパーチャージャーを搭載したコンパクトカー「iQ」のプロトタイプ、そして今年のダカール・ラリーで前代未聞の市販車部門5連覇を果たしたランドクルーザーなども展示される予定だ。

詳しくはプレスリリース(英文)で。

Related Gallery: