オークションにて1,750万円の値段がついた、1970年製ロードランナー
プリムス ロードランナー『ハンマー』の高画質ギャラリーは下の画像をクリック 

1970年モデルのプリムス ロードランナーは間違いなく人気トップクラスのマッスルカーですが、ここで紹介する『ハンマー』というニックネームが付いた個体は特にスペシャルな一台です。 去年のSEMAショーに展示されていたのを見逃した人は、ホットロッドマガジンで特集を組まれていたことは覚えているでしょうか? あるいはテレビ番組RIDESか、映画ワイルドスピード TOKYO DRIFTのラストシーンで観た人もいるかもしれません。 雑誌やテレビ、映画など、とにかくメディアに登場しまくっている一台なのです。 

スーパーチャージャー付きのエンジンは750馬力を発生し、一旦アクセルを床まで踏み込めばホイールスピンが止まりません。 この個体は先週末に行われたバレットジャクソンオークションに出品され、GMP製の限定ダイキャストとともに1,750万円にて落札されました。 この値段は、今回のオークションでもトップクラスの高値となりました。

Related Gallery: