超レアなニセのドゥカティの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

トム・クルーズとキャメロン・ディアス共演のアクション映画『ナイト&デイ』が、先日アメリカで公開された(日本では10月公開予定)。我々が入手した写真では、クルーズ演じるロイが乗りこなす新品のバイクに"ドゥカティ"の文字が見える。髪を整え、ガッシリした革製のブーツを履き、デニムのシャツの袖をたくし上げたスタイルでドゥカティにまたがるクルーズからは、気迫に満ちた真剣さが伝わってくる。正直、そんな彼の姿に思わず羨望の眼差しを向けた人も多いだろう。さらにうらやましいことに、彼の背中にはディアス扮するジューンがしっかりとしがみついている。この写真を見た世の男性が衝動的にハイパーモタードを買いに走ったとしても、その気持ちは十分に理解できる。ドゥカティだってそう期待しているに違いない。
Related Gallery:


しかも、この映画で使われたバイクは、読者の皆さんがクルーズ本人でない限り、どう頑張っても手に入らない代物だ。例えて言えば、オバマ政権のアフガニスタン政策を批判したマクリスタル司令官が、オバマ大統領ファミリーと共にアメリカ独立記念日を過ごすくらいあり得ないことだろう。

一体どういうことかというと、なんとこれは、ドゥカティのハイパーモータードに扮したアプリリアSXVなのだ。写真をじっくりと見てもらえれば分かると思うが、両持ち式のスイングアームや、フロント部分のブレーキローターとシルバーのフォークにその特徴がよく現れている。さらに極め付きは、モーターの横に入っている"アプリリア"のロゴだ。

ではなぜ、時間と労力をかけてまで、わざわざニセのドゥカティを製作したのだろうか。その最大の理由は、車体の重量にあると思われる。アプリリアSXVはドゥカティの新型ハイパーモータードよりも45キロ以上も軽いのだ。髪型をキメたクールなアクション俳優が映画の撮影で扱うには、本物のハイパーモータードは重すぎる。さらに、アプリリアはサスペンションがより長く、スタントに適しているという理由も考えられる。または、もしかすると、クルーズが単にどちらかを選べずに"2つを融合したモデルが欲しい"と言っただけなのかもしれない。それはさておき、『ナイト&デイ』を鑑賞する際は、貴重なニセのドゥカティをぜひ自分の目でチェックしてみよう。

追記:このバイクは、大手スポーツ専門チャンネルESPNが本映画のプロモーションを製作した際に使用されたようだ。だが、映画本編に登場するバイクはすべて正真正銘のハイパーモータードであると、ドゥカティ側は話している。だとしても、ギャラリーに掲載した写真が、ドゥカティのボディワークを施されたアプリリアであることに変わりはない。