GWA Tuning社が手がけた「E63 AMG ステーションワゴン」の高解像度ギャラリーは下をクリック

メルセデス・ベンツE63 AMG ステーションワゴンは、何も手を加えなくても魅力的な車だ。しかし、そんなことはお構いなしにドイツのチューナー、GWA Tuning社が目を疑うようなチューニングモデルを発表した。

チューニングキットには、独特のグリルや強烈な個性を放つLEDデイライトで飾られたスポイラー付きフロントバンパー、新しいサイドスカートなどが含まれており、リアにはディフューザーが装備される。また、至るところに冷却ダクトが取り付けられているのが特徴的だ。
Related Gallery:


標準キットでは物足りないという場合には、さらなるオプションが用意され、車高を下げたり、フロントタイヤに19インチ、リアタイヤに20インチのホイールを装着したりすることも出来る。ホイールはGWAオリジナルのため、車体と同色にすることも可能だ。加えてボタン操作でバルブが開閉される排気システムも装備される。一方、インテリアについてはアルミペダルとイルミネーションがついたドアシルプレートの変更のみにとどまった。価格は標準タイプで約165万円、オプションもすべて加えると約242万円だという。

GWAバージョンのE63 AMG ステーションワゴンをあなたがどう思うか、まずは下の高解像度ギャラリーをチェックしてほしい。