新車を買わない主義の人たちはたくさんいます。 例外はありますが、大抵の場合新車というのは、買った瞬間に価値が下がってしまうものです。 自動車の価値を調査する米オートモーティブガイド誌や英グラスガイド誌によると、クルマの価値が最も急激に下がるのは、新車を買った後の一分間だそうです。

グラスガイド誌の発表によると、バッテリーの寿命から計算して、電気自動車である日産リーフは五年後にはその価値が新車価格の1割ほどになってしまうだろうとの事です。 この意見はバッテリーの寿命が切れた後は、バッテリー自体にほとんど価値がなくなると仮定したものですが、電気自動車推進団体によると、バッテリーは寿命が切れた後も使い道はあるので、価値がゼロになることはないということです。 

グラスガイド誌によるこの意見はまだ証明されていませんが、もし事実として証明された場合、電気自動車市場は日の目を見ることなく縮小することでしょう。

Related Gallery: