【ビデオ】13年もののゴルフGTIが、時速330キロをたたき出す!
フリードマンの高速GTIのビデオを見るには下をクリック

フォルクスワーゲンの初代GTIが登場したのは1970年代後半。GTIがいまの「ホットハッチ」というカテゴリーを築いたと言っても過言ではない。

とは言うものの、残念ながらGTIにフェラーリ並みのスピードを期待するというのはムリなもの。しかし、熱烈なGTIファンが発売から13年も経ったゴルフで「ゴルフ=スピードは並」というイメージを払しょくすることに成功した。


GTIをこよなく愛するジェレミー・フリードマンは、1997年製のGTIでスピード競技「テキサスマイル・イベント」に出場し、時速330キロという信じられないスピードを出した。しかも、彼のGTIに搭載されていたのは、フォルクスワーゲンの通常のVR6エンジンだというから驚きだ。さらに、驚くのはトランスミッションが現在のGTIでは使用されていない古い5速タイプのものであることだ。

もちろん、エンジンのバージョンアップやクラッチの改良、リミテッド・スリップ・デフの搭載など、スピードアップのための工夫は色々されている。

ビデオを確認して、いかにしてゴルフが330キロをたたき出したかをチェックして欲しい。