日本が世界に誇るオープン・スポーツカー「マツダ・ロードスター」のミーティング・イベントが7月25日、茨城県の筑波サーキットで開催される。

熱心なオーナーが多いことで知られるロードスターのミーティング・イベントは、かねてより全国各地で活発に行われている。2009年9月、マツダの三次テ ストコースでロードスター生誕20周年を祝うイベントが開催されたときには、2500人の参加者と1600台のロードスターが集った。

今回の「ロードスター 筑波サーキット ミーティング 2010 with ロードスター ブロス」と名付けられたイベントは、クルマを思い切り走らせることができるサーキットを会場とし、レースや走行会、ショップ製作のデモカー披露など、コースを使った様々な催しが用意されているという。
また、今年7月に新創刊されるロードスター専門誌「ROADSTER BROS.」とのタイアップによる企画もあり、参加したオーナーは自慢のロードスターと一緒に誌面に掲載される可能性も(!?)。

この日予定されているレースは、以前ご紹介した「ロードスター・パーティーレースⅡ」と、同時開催の「インタークラブ・ヒストリックカー耐久レース」。これらは残念ながら今から参加するのは難しいので、じっくり観戦して今後の参考にされたい。
走行会の方は、全開走行が楽しめるタイム計測付きの「元気にスポーツ走行会」と、先導車輌に従って同乗者と2人で楽しむ「のんびりカップル走行会」の2つが企画されている。運転免許証があればライセンスを持っていなくても気軽に参加可能だ。お申し込みは公式サイトのこちらのページから。

1989年の登場以来、20年以上に渡り愛され続けているマツダ・ロードスター。スポーツカーとして本格的かつコンベンショナルな設計と、中古車やチューニング・パーツが豊富なことから、「走る楽しみ」と「いじる楽しみ」の両方が味わえるクルマである。それにはこうしたイベントに参加して同好の士と知り合ったり、色々なショップやオーナーが手掛けたロードスターを見て情報を集めることが大切だ。1人で乗っても楽しいロードスターだが、集まればまた別の楽しさが見えてくるはず。

なお、「ロードスター 筑波サーキット ミーティング 2010 with ロードスター ブロス」の詳しい情報は、こちらの公式サイトをご覧いただきたい。

Related Gallery:Roadster Party Race