日本でホンダCR-Zを試乗するジェイソン・バーロウのビデオは続きからチェック

ジェイソン・バーロウはイギリスの人気車番組『トップギア』の元司会者であり、現在『トップギア・マガジン』と『サンデータイムズ』のコラムで活躍するモータージャーナリストだ。そのバーロウがホンダCR-Zのプロモーションビデオに起用された。ビデオではお馴染みの口調で、CR-Zはガソリンを大食いする欧米の大馬力車とは違い、味わい深い旅に適した車だ、と話しかけるバーロウが登場する。
Related Gallery:2011 Honda CR-Z


このコメントはまだいいとしても、次の一言には耳を疑った。彼いわく、カーマニアが求める車とは、いたずらに近未来的な外見を追ったりしないCR-Zのような車なのだという。このセリフがバーロウの本心から出たものとは思えない。これがトップギア番組内であれば、バーロウの語り口はかなり違っていたことだろう。ここをクリックしてバーロウとCR-Zが日本を旅するビデオを楽しんで欲しい。