ル・マン24時間レースのオーガナイザーであるACOは、今年でGT1クラスを廃止し来年からはGT2クラスに統合することを発表した。

実はACO、去年一度GT1クラスを廃止し、その代わり今年はFIAがオーガナイザーを務める世界GT1選手権のレース車両をGT1クラスとしてル・マン内で走らせた。 しかし、それも今年一度きりでお終いになりそうだ。 

ACOによると、クラス統合は4度のクラス優勝経験があるシボレー・コルベットチームのオリバー・ガビンやアストンマーチンチームのトーマス・エンジなど、GT1とGT2両クラスの優勝ドライバーからも賛成されているとのことだ。