1961年のF1で8戦中5勝を挙げ、フィル・ヒルがチャンピオンに輝いたマシン「フェラーリ156 F1」。左右に二分割された先端部の形状が鮫を思わせることから「シャーク・ノーズ」と呼ばれている。
実車は現存しないと言われているから、写真はもちろん(見て分かる通り)本物ではなく精巧に作られたミニチュアだ。

Related Gallery:

1961年というシーズンは、レギュレーションで定められた排気量制限が、前年までの2.5リッターから1.5リッターに引き下げられた年。フェラーリはF2用のV型6気筒エンジンを使ってこれに対応する。フェラーリ創設者エンツォの亡き息子、アルフレッドが生前に開発に携わったことで知られる「ディーノV6」だ。
イギリスのライバル・チームが旧い直列4気筒エンジンを使っている中で、フェラーリのV6は他と比べて明らかにパワーで勝っていた。これを積む156 F1は、アルファ・ロメオのレース部門で有名になるカルロ・キティの設計。フェラーリF1として初めて本格的にミドシップ・レイアウトを採用していた。

写真のモデル・カーは、このマシンを「CMC」というメーカーが1/18で再現した物だ。全長わずか23cm。小柄な女性が履くパンプスくらいの大きさの中に、カウルやフレームはもちろん各種パイプやケーブルの類まで細かく製作されている。
ミドに縦置きされたエンジンは、「Ferrari」の文字が刻まれたヘッド・カバーの位置をご覧になればお判りだろうが、バンク角65度の "ディーノのV6" ではなく、シーズン途中から投入された120度角のもの。ゼッケン4のこのモデルはベルギーGPでフィル・ヒルが乗り優勝したマシンだが、他にもモンツァやニュルブルクリンク仕様が用意されているそうだ。
価格は3万5,700円。この大きさでここまで精密に作られているモデル・カーなら十数万円の値が付けられることも珍しくないが、CMCではドイツで企画したものを中国で生産することによって、比較的手の届きやすい価格を実現しているとのこと。
ポルシェ911などのスポーツカーも並べてあったが、やはりカウルを外してエンジンやサスペンションをまるごと鑑賞できるフォーミュラ・カーがお薦めである。この頃のレーシング・カーなら、きっと実車にもこうした手作り感は共通しているに違いない。

CMCからは、一回り大きな1/12スケールの156 F1も発売されており、極薄の真鍮プレス製カウルや可動式の駆動系(タイヤを回すとドライブ・シャフトが回りデフを経由してクラッチ板まで回るそうだ)を備えたこちらの価格はぐんと上がって29万9,000円。1/18が工芸品なら、1/12はそれを通り越して美術品である。ショー・ケースの中にあるものをため息をつきながら見るだけで十分かも知れない。

その他のライン・アップは、日本代理店「モデルガレージ・ロム」のサイトでご覧いただきたい。