まずは上の写真を見てほしい。BMWの6シリーズが写っているのだが、一見するとそうは見えない。これはBMWのチューニングで有名なアルピナがGT3仕様に改良した「BMWアルピナB6 GT3」を、スペインのオーロラ・レーシング・デザインがFIA GT1世界選手権仕様に改良をしたものらしい。


元マクラーレンのエンジニア、ニコラス・ガルブレイズと、アルピナでデザインを手掛けていたアンドレアス・パスカルが共同で開発に携わったもので、モータースポーツ界で注目を浴びることは間違いないだろう。

今のところ、このマシンのデビューは来シーズンになるとみられているが、我々はル・マンシリーズ仕様のマシンも製作されるのではと予想している。今後の情報も要チェックだ。

- クルマが大破してしまった、そんなときのことも考えて―...自動車保険一括見積もり

関連リンク
【ノスタルジック2デイズ】BMW公認チューナー「アルピナ」初期の作品!
【ジュネーブモーターショー】超魅力的なBMW「アルピナB5 BiTurbo ツーリング」を発見!
新型「アルピナB5 BiTurbo」の詳細と画像が公開