「DIREX」
が展示していた「ランボルギーニ・ガヤルド」は、ホイール以外ほぼノーマル状態。「SIS東京スペシャルインポートカーショー2010」の会場では幾分地味にさえ見えてしまうこのガヤルド、実は "レンタカー" として用意されているクルマなのだ。

Related Gallery:Lamborghini Gallardo "rent-a-car"

2003年のジュネーブ・ショーで発表されたランボルギーニ・ガヤルドは、500馬力の5リッターV10エンジンを積むイタリアン・スーパーカーである。あの「ムルシエラゴ」の妹分とはいえ、最高速度は軽く300km/hオーバー、価格は2000万円以上という庶民には "高嶺の花" だ。もしも懸命に働いてようやく買えるだけの貯金が築けたとしても、買った後で必要になる高額なメインテナンス費用や自動車保険料(年間あたり小型車一台分)のことを考えると、なかなか購入にまで踏み切れないのではないだろうか。

"でも一度でいいからあの猛牛を走らせてみたい" そんな想いを抱いている方に、ガヤルドのレンタカーは夢を叶えるチャンスである。

DIREXが提示するレンタル料金は1Dayコース(朝9時から夜7時)で12万6,000円。レンタカーとしては高額だが、1年に1日だけ借りるとしたら毎日350円だけ貯めればいい計算になる。タバコを1日に1箱吸う人なら、(10月から値上げされるのを機に)いっそ喫煙の習慣をすっぱり辞め、その代わり年に1日だけランボルギーニ・オーナーになるということも可能だ。
たとえ実際にガヤルドを買えたとしても、月に一度しか乗る機会がない人なら、借りた方が安く済むくらいである。

ポルシェ・ボクスターなら料金はぐっと手頃になり2万5,900円(1Day)。隣りに置かれているBMW Z4は、今ならキャンペーン中で1万9,600円だそうだ。

ただし、ランボルギーニ・ガヤルドは現在予約がいっぱいで、なかなか借りられない状態が続いているとか。そんなに "1日ランボ・オーナー" になりたい人がいるのかと思って聞いていたら、実は「ランボルギーニ等のスーパーカーをご自分で所有されている方が、おクルマを修理に出される際に "代車" としてお使いいただくことが多い」ということだった。なんともはや。

ご予約はこちらのサイトから。「結婚式の日にガヤルドで式場入りしたい」なんて人はお早めにどうぞ。

関連リンク
缶コーヒー「ボス」を買うと、ランボルギーニのミニカーが付いてくる!
ランボルギーニを巨大ハンマーでボコボコ!中国で一体なにが起きた?!
【ビデオ】「ガヤルド」「SLK」「フェアレディZ」を次々と飛び越える超ジャンプ男!